アンダーヘアのケア

剛毛なアンダーヘアのケア

投稿日:

毛深いアンダーヘアの悩み、剛毛のアンダーヘアの悩み、密かに対策方法を探している女性は多いようです。

例えば、

・彼から舌や唇が痛いと言われた
・彼から毛がチクチクしてペニスが痛いと言われた
・「ワカメみたい」と言われてショックを受けた
・ビキニラインに「いま剃りました」というような生々しい剃り跡が残ってしまう
・パンティからも毛が突き出してしまう

といった剛毛であるための悩みがあるようです。

アンダーヘアのケア

毛質を改善する

一番初歩的な対策は、脱毛をしないで「毛質」を改善することです。

髪の毛と同じでアンダーヘアも毎日のケアで毛質を改善することが出来ます。

でも、通常のトリートメントは「髪の毛専用」となっていますので、兼用で使うとデリケートゾーンの弱い地肌を傷め、黒ずみの原因となってしまいますので、注意してください。

アンダーヘアには、「アンダートリートメント【さらふわ】」のようなアンダーヘア専用のトリートメントを使って、毎日ケアするのがお勧めです!

ある程度の期間、ケアすることで毛質が柔らかくなり、パンティーから突き出すような硬さが解消されます。

脱毛する

剛毛の原因は「毛の量」「毛の太さ」にあります。
あなたのアンダーヘアの範囲が広く、トリートメントでは解消できない箇所は、ビキニラインが綺麗になるように脱毛をしてみましょう。

脱毛する際の、注意点ですがカミソリを使うのはNGです。

カミソリは手軽に脱毛が出来る反面、中途半端に抜けてしまった埋没毛ができやすく、頻繁にカミソリを使うことで肌にダメージを与えてしまい、炎症や黒ずみの原因となってしまいます。

炎症の場合は赤いポツポツ、埋没毛の場合は黒いポツポツがビキニラインにできてしまいます

では、どのように脱毛したらよいのでしょうか?

アンダーヘア脱毛は、自宅で処理する方法と皮膚科や脱毛サロンに行くパターンと2種類あります。

自宅での処理としては、シェーバーで剃る、ピンセットなどで抜く、除毛クリームやワックスでの除去、家庭用脱毛器やヒートカッターでの熱処理などがあります。

自宅での処理には自信がない、早くキレイに処理したいという場合、医療レーザーや光脱毛がおすすめです。

デリケートな場所だけに、あなたの皮膚の強弱、アンダーヘアの生えている範囲によって合う処理法と合わない処理法があります。

あなたの症状や皮膚の状態にあった脱毛法を選んでください。

脱毛法のいろいろ

シェーバー剃毛処理

メリット

・手軽で簡単
・コストが安い

デメリット

伸びてきた毛先がチクチクする痛みがあり、処理したアンダーヘアはすぐ生えてきてしまいますので
処理を頻繁に行う必要があります。

特徴

処理を頻繁に行う必要があるため、肌への負担が大きく、角質をはがれてしまい、肌荒れや黒ずみの原因となることがあります。

ですからシェーバー剃毛をする場合は、肌のアフターケアも念入りにすることが大事です。

最近のシェーバー剃毛には肌を傷めないで処理できるような商品もあります。

利用者の声には、

「私は肌が強かったので、
気軽に使えるレディーシェーバーで全然キレイ処理できて大満足しています!!」

といったものもあります。

毛抜きやワックスでの処理

メリット

・毛根から脱毛するので、毛が伸びてくるまでの期間が長い
・伸び始めてきてもチクチクした痛みを感じない

デメリット

・脱毛する際に痛みを感じる
・皮膚へのダメージが大きく、「埋没毛」となることがある
・毛抜きで1本1本脱毛するので時間がかかる

特徴

処理する頻度が少なくて済みますが、痛みや肌へのダメージが大きいのが毛を抜く処理の特徴です。

特に、埋没毛は頻発するトラブルで、一旦発生すると自宅ケアではなかなか治すことができませんから、安心アイテムを選ぶことが大切です。

おすすめは、

最近は、バージョンアップされて1度にカットできる量が増えているようです。、

アンダーヘアの量が多めでお悩みの方や、太くて硬いことでお悩みの方でもストレスなくカットすることが出来ます。

除毛クリーム処理

クリーム状あるいはムース状の除毛剤を脱毛したい部分に塗って、洗い流す処理方法です。
正確には、「脱毛」クリームではなく、「除毛」クリームというそうです。

メリット

・塗るだけなので、簡単に処理できます
・一度に広範囲を処理することが出来ます

デメリット

・肌が弱い場合は、肌荒れやかぶれ、アレルギー症状になることがあります
・表面の毛を溶かすだけなので、すぐに生えてきてしまいます
・刺激の強い薬剤のため、Iライン、Oライン、粘膜部分には使用できません
・太くて硬い毛よりも基本的に産毛の方が向いています。

特徴

除毛クリームは、毛を溶かす強い薬剤のため、塗った部分の肌にも大きなダメージが加わりますからお金がないから脱毛クリームで。という考え方はNGです。

単体で見ると確かに安いと思えるのですが、実際のコストパフォーマンスはあまり良くありません。

脱毛クリームを定期的に使用するのは、肌にも費用の面でもあまりオススメできません。

実は、自宅で脱毛器を利用したり、脱毛サロンに行くよりも、結果的にお金がかかってしまいます。

ヒートカッター処理

熱線によりアンダーヘアをカットする方法で、カッターの形はクシ型タイプが主流です。

メリット

・切断面が丸くなるためチクチク感が少ない
・簡単に処理ができる
・お肌への負担がない

デメリット

・切るだけなので毛自体をなくすことはできない

特徴

自宅で出来るムダ毛処理ではメリットの方が大きいのでお勧めできるアイテムです!

VIOなどのデリケートゾーンなどの臭いや黒ずみなどに効果がある石鹸「LCジャムウ・ハーバルソープ」とパックでの購入も可能です。

ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット

少し毛の量が多い、剛毛という場合は、ヒートカッターがお勧めです!

ワックス脱毛

粘着力のある脱毛用のワックス剤を塗った後、ワックスと一緒に毛根から脱毛する方法です。

メリット

・広範囲の脱毛が可能です
・毛を抜いて処理しますので、頻繁に処理する必要がありません

デメリット

・毛を引き抜く時に、激しい痛みや肌へのダメージが大きいです
・毛が皮膚の中で成長する「埋没毛」を引き起こすことがあります

特徴

ワックス脱毛は、アンダーヘアの領域が広く、「肌が強い」向けと考えた方が良いでしょう。

人気のあるワックス商品として有名な「ANGELICA WAX」などがあります。

ANGELICA WAX

使ったユーザーさんからは、

「思ったほど痛くなかったし、一気に脱毛できるので毛抜きより楽でしたよ。
これからはワックス脱毛1本で処理していこうと思っています!!」

といった感想があります。

あなたが肌に自信がある場合は、ワックス脱毛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

レーザー脱毛

美容皮膚科などの専門クリニックで行われる脱毛方法です。

メリット

・ほぼ永久的に生えてこない
・皮膚へのダメージが少ない
・自分では処理しにくいI,Oラインなども確実に処理できる

デメリット

・太い毛ほど、痛みが強い
・コストがかかる
・処理完了するまで定期的に通わなくてはいけない

特徴

あまり大きな声では言えませんが、昨今、美容整形業界も女性顧客の獲得のために『割引戦争』といわれるような低価格サービスを行っています。

一昔前のような数十万円の高額サービス・・・ということはなく、ドラックストアーで脱毛アイテムを買うより安く永久脱毛が出来る美容整形も今では珍しくありません。

美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

キレイモ★VIO脱毛

全国展開している美容整形なので、あなたの近所にあれば、こういったところで脱毛するのが一番確実かもしれません。

光脱毛

エステティックサロンや脱毛サロンでも行われる方法で、専用機器を購入すれば自宅でもできる脱毛方法です。

メリット

・皮膚へのダメージが少ない
・自分では処理しにくいI,Oラインなども確実に処理できる(エステやサロンの場合)
・レーザーよりも痛みが少ない

デメリット

・レーザーと比較すると、処理した毛が再生しやすい
・頻繁に通わなければならないことが多い(エステやサロンの場合)

特徴

安価な美容整形やエステも最近は多いようですが、光脱毛の場合は、レーザー脱毛と違って通う回数が多くなりますので、近隣にお店がない、人に見られるが恥ずかしい!といった場合は、自宅で出来る光脱毛器などを購入したほうが便利です。

最近、光脱毛器で人気のあるのが「ケノン」です。

脱毛器ケノン

所有しているユーザーからは

「腕と足に使っていますけど、痛みはなくレベルを上げるとちょっと熱いかなぁ?
という程度です。カミソリで毛を剃るよりも神経も使わず、
お肌もツルツルなので購入してよかったと思っています!」

といったの推薦の声がありました。

まとめ

以上のように、アンダーヘアの処理方法にも色々な種類があり特徴もさまざまです。

アンダーヘアのお手入れは、清潔で快適に過ごせる利点もあります。

特に剛毛のアンダーヘアで悩んでいる方は、あなたに一番適している処理を行って、いつまでも素敵な女性でいてください!

 

-アンダーヘアのケア

Copyright© 女性の悩みを解決するための情報サイト , 2019 All Rights Reserved.