デリケートゾーンのケア

デリケートゾーン用石鹸の選び方

soap for delicate zone

「デリケートゾーンは洗いすぎるとよくないらしい」といった認識はあっても、ではどのように洗えばいいのかというと、正しい知識を持っている人はあまり多くないようです。
デリケートゾーンの洗い方については、「デリケートゾーンの正しい洗い方」で紹介しましたので、ここではデリケートゾーン専用の石鹸の選び方についての情報を紹介します。

洗いすぎが臭いのもとに?

清潔志向が強い人にとっては、汗やムレが気になるデリケートゾーンはとくに丁寧に洗いたくなる部分かもしれません。

しかし、これが実はさらに臭いを引き起こす原因になることがあります。

人間の身体の臭いは、どのような細菌が皮膚に存在しているかに左右されます。細菌というと「悪いもの」というイメージがあるかもしれませんが、中には身体を健康に保つための「良い細菌」もいます。

皮膚にとっての良い細菌は「表皮ブドウ球菌」という菌で、皮脂や汗をもとにして皮膚を弱酸性に保つ働きをします。逆に黄色ブドウ球菌や真菌などは、アンモニアやインドールなどの不快な臭いのもとになります。

良い菌は洗い流してはいけない

もちろん清潔が一番なのですが、洗いすぎは逆効果になってしまいます。

デリケートゾーンのPH値に近く、不要な添加物が配合されていないやさしく洗える専用のものを選ぶべきです。一般的な固形石鹸はアルカリ性ですが、ゴシゴシとアルカリ性の石鹸を使って洗ってしまうと、皮膚にとって良い働きをしてくれる表皮ブドウ球菌が大量に殺菌されてしまい、その力を回復させる前に真菌などの悪い菌が繁殖して臭いが起こってしまいます。
また、乾燥を引き起こし、『かゆみ』や『炎症』の原因になります。大事なのは、身体にとっての良い菌を保護しながら、マイナスの要素を洗い流してあげることです。

デリケートゾーン用石鹸の選び方

デリケートゾーンは柔らかい粘膜が多く、傷つきやすい部位なので、低刺激で汚れが落ちるものを選らぶのが基本です。デリケートゾーン用石鹸で一番大切なポイントは、刺激が少なく、洗いすぎによる「良い細菌」を殺さないことです。
肌にやさしい天然成分が配合された専用の石鹸を使いましょう。
また、敏感な部分へ使用しますので、やわらかな使い心地のよい泡だちのものを選びましょう。
できれば、デリケートゾーン専用の石鹸、低刺激で、膣内の自浄作用を損なわないために、弱酸性の石鹸がおススメです。なぜなら膣内は酸性だからです。

delicate zone

肌にやさしいと謳われている弱酸性のボディーソープには泡立ちをよくするため、合成界面活性剤が含まれていて、デリケートゾーンの粘膜には刺激が強すぎます。

界面活性剤が入ったものは避ける

じつは、一般的に無添加石けんと言われているものでも、泡立ちが非常に良いものの中には、
化学的に合成された界面活性剤が配合されている場合が多いのです。

このような石鹸は、洗浄力が強いので汚れは落ちますが、敏感な粘膜には刺激になってしまう可能性があります。

すると、洗いすぎると必要な皮脂もそぎ落とされ、バリア機能が低下し、雑菌を増やしてしまうことにもなりかねません。

デリケートゾーン用の石鹸を使用しましょう

処方や泡立ちの良さ、マイルドな仕上がりなど肌が敏感なパーツでも使えるように優しく作られているのがデリケートゾーン用の石鹸です。
毎日のお風呂での体の洗浄にはボディソープの他にデリケートゾーン用の石鹸も追加しましょう!
海外では、ボディ用とデリケートゾーン用のソープを使い分けるのが定番化しています。もちろん、デリケートゾーン用の石鹸で全身を洗っても構いません。

ジャムウ石鹸がおすすめ

最近は、デリケートゾーンをケアするための専用石鹸として、ジャムウ成分を配合したものが注目されています。

ジャムウとは、インドネシアのジャワ語で「植物などから作られた薬」を意味する、天然原料を用いたインドネシアの民間伝承薬です。

症状に合わせて作られた薬効は、副作用のリスクも低く、自然な効き目が得られます。

デリケートゾーンのためのジャムウは、カモミール、アロエなどが配合され、低刺激で、消臭と清浄にすぐれています。

その中でも日本人向けに調合されたジャムウの石けんもたくさんの種類が出ています。

黒ずみ・デリケートゾーンの臭い対策にジャムウ ハーバルソープ

オーガニック志向のデリケートゾーンソープ

また、オーガニック志向の方には、石鹸ではありませんが、オーガニック成分にこだわったデリケートゾーンソープが、住谷杏奈さんがプロデュースしているデリケートゾーン用保湿美容ソープ「アンボーテ フェミニーナウォッシュ」です。
お子さんでも安心して使用できる全身用洗浄料です。

デリケートゾーン用保湿美容液ソープ【アンボーテ フェミーナウォッシュ】

肌が弱い人が選ぶべき石鹸

アトピー性皮膚炎など、もともと肌がデリケートな人は、石鹸などの刺激にも敏感に反応してしまいがちです。デリケートゾーン専用の石鹸をよく泡立てて使いましょう。

それでも、ヒリヒリするなど刺激を感じるようであれば、石鹸は使わずにぬるま湯で洗うのがオススメです。

自分でも気づかないうちに、陰部にボディソープやシャンプーの成分がついてしまい、十分に洗い流せていないといったケースもありますので注意して下さい。

-デリケートゾーンのケア