黒ずみ

自分で黒ずみを治せる?

投稿日:

自分でできる黒ずみ解消法

腋、乳首やビキニライン、デリケートゾーンの黒ずみを解消したいけれど、他人に見られるのは恥ずかしいので自分で治したいと思う女性は多いのではないでしょうか?

単純にケアが不足している程度の黒ずみだったら、あなた自身が専用石鹸で丁寧に毎日ケアするば、自宅でも治せます。

でも、自分で黒ずみを治すには時間がかかります。

もしも、今年の夏までに!彼との次のデートまでに!といった場合には、やはり、エステにいってプロの方にケアしてもらうのが、黒ずみ解消の最短、確実な最善策です。

しかし、お金がかかるという難点がありますので、今回は自宅で簡単にできる黒ずみ解消方法をご紹介します。

衣類、下着はサイズに合ったものにして、化学繊維は控える

ビキニライン、デリケートゾーンの黒ずみの原因は、体に合っていない衣類や下着を着用することによる摩擦や食い込みに原因があります。

ですから、きつい下着、女性特有の「一回り小さいサイズの洋服」なんて着用することなく、あなたのサイズに合った洋服や下着をつけてください。

また、ナイロン、ポリエステルなど化学繊維が入っている下着の着用も避けてください。

ムダ毛処理の回数を減らす

ムダ毛処理は、肌への負担が大きいです。

黒ずみを解消しながら、いつも通りにムダ毛処理をしてしまったら逆効果になりますので、黒ずみ解消を心がけている間はできるだけ、ムダ毛処理は控えてください。

通気性をよくする

蒸れて汗ばんでいる状況が、黒ずみの一番の原因となります。「雑菌」を増殖させてしまいますので、
季節を問わず、気になる部分への通気性をよくするようにしてください。

寝ている間でも、体を締め付けるようなパジャマや下着着用での睡眠は厳禁です。

丁寧に体を洗う

ナイロンタイルでゴシゴシと黒ずみ部分を洗うと、黒ずみを悪化させる原因となります。
体を洗う時には、肌に優しい綿のタオルで優しく丁寧に洗うようにしてください。

日頃から、このように自分で出来る最低限のケアをして、黒ずみを解消するクリームなどを使っていると、だんだん黒ずみは薄くなってくるはずです。

ケアをしていますと「保湿」が足りなくなってカサカサする時がありますので、そんな時は「ハーバルラビットゲルクリーム」などで肌にうるおいを与えつつケアすることを忘れずに!

 

デリケートゾーン訴求(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)

黒ずみを自分で解消するには、日々の努力が大切ですので美肌を取り戻すまで根気よく続けてください。

 

-黒ずみ

Copyright© 女性の悩みを解決するための情報サイト , 2019 All Rights Reserved.