バストアップ・豊胸

バストアップしたい!

投稿日:

バストって実年齢より老けるの?

年齢や出産がきっかけでバストが胸が垂れ下がってしまった・・・という悩みを持っている女性はもちろん多いですが、最近は、実年齢より「バストが老朽化」しているんじゃないかと、悩んでいる女性も多いようです。

なぜ、実年齢よりも早くバストが下がってしまうのでしょうか?
10代、20代前半の女性でも、なぜバストが下がってしまうのでしょうか?

バストが下がってしまう原因には大きく次の3つがあると言われています。

・年齢によるもの
・不規則な生活/偏った食生活によるもの
・クーパー靭帯の損傷によるもの

年齢によるもの

年齢とともにバストが下がってしまう原因には、筋力の衰え、新陳代謝の悪化、女性ホルモンの減少などがあげられます。

筋力の衰えで、バストの位置が下がってしまい、新陳代謝の悪化で、肌のハリと艶が失われてしまいます。そのままにしておくと、見る見るうちにバストは垂れ下がってしまいますので、あなた自身で気になるようでしたらすぐに対策を始める必要があります。

不規則な生活/偏った食生活によるもの

若い女性でも、バストが下がってきた、形が変わってきたと感じる場合は、不規則な生活、運動不足、かたよりすぎた食生活が原因であることが多いです。

特に路上に長時間おかしな姿勢で座りこんだり、スナック菓子を食べ過ぎたり、甘いものや、辛すぎる食べ物、歩くことが少ない生活、入浴は湯船に入らずにシャワーのみ、といったような乱れた生活をしていると、10代でもバストの位置が下がってしまいます。

不規則な生活やかたよった食生活は、やる気になれば、今すぐにでも改善できるので、美しいバストを保つために肉類などのたんぱく質の多い食事をして、体を動かすように心がけてください。

クーパー靭帯の損傷によるもの

クーパー靭帯とは、バストと体をつなぐものです(クーパー靭帯とは?)。

この靭帯が伸びてしまったり、切れたりした場合は、バストと体をつなぐものは他にありませんのでバストは垂れ下がってしまい、元に戻ることはありません。

出産がきっかけで、バストが下がってしまうのは、クーパー靭帯が伸びきってしまうことが原因です。また、激しい運動、過剰なバストマッサージなどでも靭帯は破損してしまうことがありますので、バストアップ対策のときにも注意が必要です。

バストの老朽化を防ぐには?

1. 規則正しい生活と食生活

さまざまなケアをしてみても、健康な体でなければケアする意味はありませんので、日頃から食生活に気をつけて、適度な運動を行い、健康維持を心がけてください。

2. サイズの合ったブラ選び

体に合っていないブラを使っていると、バストの位置も下がってしまいます(特にバストとブラの間に隙間ができているような場合)。

バストへの重力の影響を減らし、バストを少しでも上向きにするために、サイズの合ったブラ選びをしてください。

3. バストの位置のズレをマメにチェック

日常生活を過ごしている間に、バストとブラの位置がずれてしまうことがあります。
常にチェックすることはありませんが、トイレに行ったときやお昼休みなど、毎日数回はブラとバストの位置がずれていないか?ずれていたら、コマメにズレを直してください。

4. 運動する際はスポーツブラを着用

運動する時には、スポーツ専用のブラを着用してクーパー靭帯の負担を減らしてください。

5. 毎日のケア

美しいバストを保てるように、日々、自分でバストアップ体操をしてください

6. バストマッサージをする時には専用クリームを使う

専用のクリームは、クーパー靭帯を補強する成分を含んでいます。

レスタリアージュ グラミーバストクリーム

よけいな力を入れなくても、クリークを塗りこむことで、クリームを使わない場合に比べて効果的なケアができます。

7. 保湿クリームを使う

ナチュキュート

バストのハリと艶を保つために保湿することも忘れないでください。

美しいバストを保つためは、毎日のケアが大切です。

 

-バストアップ・豊胸

Copyright© 女性の悩みを解決するための情報サイト , 2019 All Rights Reserved.